AstroArts Topics

ヘッドライン

2024年6月3日 細い月と火星が大接近

2024/05/27
2024年6月3日の未明から明け方、東の低空で細い月と火星が大接近する。

2024年6月の星空ガイド

2024/05/24
見どころ/火星(未明~明け方)、土星(未明~明け方)/3日未明~明け方:細い月と火星が大接近/20日夕方:アンタレス食/28日未明~明け方:月と土星が大接近

ねじ込み式フィルターをマグネット着脱式にする変換リング

2024/05/22
ケンコー・トキナーから、ねじ込み式フィルターをマグネット式に変換できるアダプターリング「マグネティック・マウント・システム ベースリング/コンバージョンリング」が新発売。

超低温の赤色矮星で2例目、地球サイズの系外惑星を発見

2024/05/21
直径が木星ほどしかない超低温の赤色矮星で地球サイズの惑星が発見された。このタイプの星で惑星が見つかったのは「TRAPPIST-1」に続く2例目となる。

星座八十八夜 #88 南天で人気ナンバーワン「みなみじゅうじ座」

連載・読み物
2024/05/21
南天の星の並びでは最もよく知られた南十字星(サザンクロス)は、5月ごろ沖縄の宵空で見ることができます。面積は全天最小ですが、2つの1等星が輝く豪華な星座です。

公式ブログ:【ZWOカメラ】ホワイトバランスの設定で階調が圧縮される現象について

連載・読み物
2024/05/20
天体撮影ソフト「ステラショット3」にZWO社製のカラーCMOSカメラを接続して撮影した際に、「高輝度のデータが欠損する」ように見える現象を報告いただきました。本現象について弊社が独自に検証を行った結果を共有いたします。

天文書評&新刊情報『ビジュアルNASA図鑑』『中国の星座の歴史』『八王子に隕ちた星』など5冊

連載・読み物
2024/05/20
星ナビ2024年5月号「ほんナビ」で紹介の5冊:📖ビジュアルNASA図鑑📖星の文化史事典📖中国の星座の歴史📖近世天文塾「先事館」と麻田剛立📖八王子に隕ちた星

ビギナーに最適な望遠鏡セット「VOYAGER MAK70FAST」新発売

2024/05/18
サイトロンジャパンから、コンパクトながら本格的な光学系を採用したビギナーに最適な天体望遠鏡「VOYAGER MAK70FAST」が5月24日に新発売。

初期火星の有機物は一酸化炭素から作られた

2024/05/17
火星ローバーが発見している火星の有機物は、太古の火星大気中で二酸化炭素が分解してできた一酸化炭素が起源であることが、炭素の同位体分析から明らかになった。

星座八十八夜 #87 ケンタウルスにおそわれる「おおかみ座」

連載・読み物
2024/05/17
もともとは〈ケンタウルス座〉の一部だった星が独立してできたのが〈おおかみ座〉です。〈さいだん座〉にいけにえとしてささげられているようにも見えます。東北よりも北では全身を見ることができません。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

Sky-Watcherの太陽観測専用望遠鏡「ソーラークエスト 804」発売

2024/05/16
「Sky-Watcher」のオールインワンセット太陽観測専用望遠鏡「ソーラークエスト 804」がサイトロンジャパンから新発売。

星空を見るためのメガネ「Stellar Glasses」が新登場

2024/05/16
星空をよりはっきりと観察することができる星見専用眼鏡「Stellar Glasses(ステラグラス)」が、サイトロンジャパンから新発売。

生命に必須のリンは重い新星で大量に作られた

2024/05/14
重い白色矮星が起こす新星爆発で、生命に必須の元素であるリンが大量に合成されることが理論研究により示された。

星座八十八夜 #86 モノサシを組み合わせた形「じょうぎ座」

連載・読み物
2024/05/14
文房具の「モノサシ」の形をした星座です。すぐとなりには〈コンパス座〉もあります。

日本など各地で低緯度オーロラを観測

2024/05/13
5月8日~11日にかけて大規模な太陽フレアが連続発生し、それに伴う猛烈な磁気嵐の影響で、日米英中などで低緯度オーロラが見られた。ハワイでも164年ぶりにオーロラが発生している。

星座八十八夜 #85 太陽にもっとも近い恒星がある「ケンタウルス座」

連載・読み物
2024/05/10
ケンタウルス族の星座は〈いて座〉と〈ケンタウルス座〉の2つがあります。この星座は、野蛮なケンタウルス族の中では珍しく教養があり、性格も穏やかだったフォロス、ということになっています。

2024年5月17日 しし座σ星の食

2024/05/10
2024年5月17日の宵から深夜、月が4等星のしし座σ星を隠す恒星食が起こる。

2024年5月10日 水星が西方最大離角

2024/05/10
2024年5月10日、明け方の東の低空に見えている水星が太陽から最も離れて西方最大離角となる。

リュウグウの試料中に、初期太陽系の磁場を記録できる新組織を発見

2024/05/09
小惑星リュウグウの試料から、鉄ナノ粒子が付随する擬似マグネタイトという新組織が見つかった。初期太陽系の磁気を記録することが可能な組織で、太陽系形成の研究に有用なものと期待される。

ケンコー・トキナー、MOEBIUS鏡筒用72mmフローライト対物レンズを新発売

2024/05/09
株式会社ケンコー・トキナーから、MOEBIUS 55鏡筒のステップアップアイテムが新発売。星雲や星団や彗星の観測に威力を発揮する口径72mmのフローライト対物「MOEBIUS 対物レンズ 72FL」が新発売された。